Amazonタイムセール開催中!

Teams(ウェブ会議)でPowerPointの「発表者ツール」を使う方法

PowerPointでプレゼンテーションをする時に「発表者ツール」を使っているのですが、新型コロナウィルスの影響でオンライン開催される事も多くなり、teamsを使ったウェブ会議で発表者ツールを使う方法を探しました。結果、単純にいつもと同じ手順で良かったのですが、戸惑う部分もあったのでシェアします。

PowerPointの発表者ツールとは


Office 2013以降で利用できる機能です。プロジェクターが外部ディスプレイに接続してスライドショーを開始すれば自動的に「発表者ツール」を利用できます。

PowerPointの発表者ツール
発表者ツールで資料を表示した図

発表者ツールを使うと、PowerPointのノートに書きこんだメモや、レーザープリンター、蛍光ペンなどが使えるのでプレゼンが少し楽になります。

1つのディスプレイで発表者ツールを表示するには
マルチディスプレイやプロジェクターを接続していない環境でも、スライドショーを開始して画面を右クリックして「発表者ツールを表示」を選択することで利用できます。

Teamsで発表者ツールを使う方法

PowerPointの資料を開く

会議で利用したいPowerPointファイルを開いておきます。これはTeamで会議を開始したあとでもOKです。

PowerPointを表示

Officeの設定をダークモードにしているので、画面が黒っぽくなっています。ダークモードへ変更する方法は、下記の記事で紹介しています。

Microsoft Officeにダークモードを設定する方法
Teamsで会議を開始する

普段と同じようにTeamsを起動して会議を開始します。

teamsの会議を開始
共有ボタンをクリック

会議メニューバーから「共有」をクリックします。四角に上矢印のあるアイコンです。

teamsで画面共有
表示したいPowerPointファイルを選択

起動中のアプリケーション一覧が表示されます。ウィンドウのカテゴリから表示したいPowerPointの資料を選択します。ここが肝です。デスクトップを選択すると発表者ツールまで参加者に見えてしまいます。

teamsで共有するファイルを選択
PowerPointをスライドショー表示

TeamsでPowerPointのウィンドウが画面共有できたら、普段のプレゼンテーションと同じように、スライドショー表示に変更します。

teamsでPowerPointをスライドショー表示
発表者ツールを表示する

PowerPointのスライドショーを右クリックしてメニューから「発表者ツールを表示」を選択します。

PowerPointをteamsで発表者ツール表示
発表者ツールが表示されたことを確認

発表者ツールの操作が可能になったことを確認しましょう。この発表者ツールの画面は参加者には見えません。

TeamsでPowerPointを発表者表示

参加者には共有中の別ウィンドウに表示されたスライドショーが表示されています。

teamsでPowerPointを発表者表示したときに参加者に見える画面


発表者ツールに慣れると「利用なし」は考えられない

このPowerPointの発表者ツール。Office2013で導入された機能ですが、一度使ったら手放せません。まだ使ったことがない人は、ぜひ使ってみてください。

発表者ツールが手放せないポイント

  • ページ遷移前に次のスライドが確認できる
  • 予め登録しておいたメモ(ノート)を表示できる
  • プレゼンテーションの経過時間が表示できる
  • レーザーポインター、蛍光ペンといったツール

言いたいことメモ(ノート)を確認しながら喋れる点、レーザーポインターの機能は便利です。マウスカーソルのサイズを極大にしてプレゼンに臨まなくても、ボタン1つで見やすいカーソル(レーザーポインター)が利用できるんです。

使ってみるとめちゃくちゃ便利なので、まだ使ったことがない人はぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA