Amazonタイムセール開催中!

ファンシーラットを3か月飼って感じた良さと不安

今回は、ファンシーラットと生活を始めて3か月が経過した記念に、その良さと不安要素をシェアしたいと思います

更新情報

6ヶ月経過時点の感想や飼育環境の変化は関連記事をご覧ください。

ファンシーラットと一緒に暮らして6ヵ月の感想

ファンシーラットの特徴

まずは、ファンシーラットの主な特徴を箇条書きでご紹介します。

  • 犬のように懐く
  • 猫のようにじゃれる
  • 先祖はドブネズミ
  • 18-19世紀にヨーロッパでペット化
  • サルモネラ菌などの病原体
  • 海外ではメジャーなペット
  • 日本ではあまり知られていない

ファンシーラットと過ごした3カ月の感想

まずは、我が家のファンシーラットがペット用サラミを食べる様子をご覧ください。

犬や猫より飼いやすい

ファンシーラットは穏やかで大人しい性格です。犬のように賢く、お手、お回りなどの犬が覚える簡単な芸であれば覚えることができます。慣れてくると擦り寄ったり、指をなめたり、肩に乗ったりと、一緒に遊ぶこともできます。単純な言葉も理解できるのか、ケージから出して部屋を散歩させている時に名前を呼べば駆け寄ってくるようになりました。ただ、好奇心旺盛で隙間を見つけては入ろうとしたり、どうにかして家具の上に登ろうと試行錯誤するので、ケージから出す際には目の届く範囲にしておく必要があると感じています。

犬や猫の場合、マンションでの飼育NGとなる場合もありますが、ファンシーラットは許可を貰える可能性が高いです。それは犬や猫に比べて、鳴き声で近隣に迷惑をかけたり、建屋にダメージを与える可能性が低いことが理由かと思っています。

ハムスターよりは大きいですが、片手に乗せることができるサイズということで飼育のためのスペースが小さくて飼いやすいのも特徴です。

ケージの中で生活をしてくれるので、給水や食料をしっかりをケージに入れておいてあげることで数日の旅行でも安心して出かける事ができます。一般的なハムスター用ケージでは窮屈になるので、ウサギサイズ用のゲージがおすすめです。ただ、頭が入るスペースがあれば抜け出せてしますので、生後数か月は逃げ出さない工夫が必要です。

食べ物はいわゆる雑食です。なんでも食べますが、我が家のファンシーラットは、乾燥ミルワームとコーン(トウモロコシ)、レタスを夢中になって食べます。逆にニンジンは嫌いなようです。

きれい好きで無臭

動物特有の匂いがするかな…と思っていましたが、ほとんど無臭です。いつも毛づくろいをして毛並みもボサボサになるということっはありません。ただ、人間と同じように糞や尿は匂いがします

我が家では毎週末にゲージの床材交換と、ファンシーラットのシャンプータイムを設けています。ここ数か月の傾向から、週一の掃除&シャワーで臭いという状況は避けることができます。これから暖かくなっていくので、匂いは多少なりとも増加するかなとも思っています。

これからの不安要素

犬や猫に比べて寿命が短い

ファンシーラットの寿命は2年前後らしいです。犬や猫が持つ10年以上の寿命と比べると、とても短い時間になります。まだまだ1年目で何の不安もなく、少しずつ大きくなる姿を楽しみにしていますが、2年という寿命を考えるとペットロスを迎える回数は非常に多くなります。

オスとメスを一緒に飼うと爆発的に繁殖するようなので、世代交代をしていくのを楽しむという飼い方もできますが、今のところ多頭飼いの予定はありません。その分、毎日1時間くらいは一緒に遊ぶ時間を設けています。

病気になった時に診れる病院が少ない

ファンシーラットに限らず、ハムスターなどの小動物あ診察してくれる動物病院が少ないようです。現時点では成長期で健康的な不安を感じませんが、いざという時に診てくれる動物病院を事前にピックアップしておく必要があると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA