Amazonタイムセール開催中!

Excelで選択範囲を変更するVBAの作成例

Excelワークシートで選択した範囲に入力されている数字、文字列を太字に変更するマクロ(VBA)の記述サンプルをシェアします。この記述を応用すれば、範囲を選択して様々な設定を変更するという使い方ができます。

範囲を選択して書式を変更するマクロの作成手順

Excelを起動して適当なファイルを開く

どのファイルでも構いません。何かのExcelファイルを開いてください。

Visual Basic Editorを起動する

開発→Visual Basicの順でMicrosoft Visual Basic for Applicationsを起動します。

マクロをクリックする

ツールメニュー内のマクロのをクリックします。

マクロの枠を作成する

ここで指定したマクロ名が実行する際のマクロ名になります。後で修正できるので、この時点ではこだわる必要はありません。マクロ名を入力したら「作成」ボタンをクリックします。

Moduleにソースコードを入力する

入力するマクロ(VB)コードはコチラに記載しています。い。

Excelワークシートでマクロの動作確認

マクロを実行したいセルを選択して、表示→マクロ→マクロの表示を選択。動作させたいマクロを選択して「実行」をクリックします。

範囲を選択して書式を変更するマクロ(VB)コード

このマクロで利用するステートメントの解説

今回のマクロで使われている主なコードを解説します。

Selection.Font.Bold

Selectionは選択している範囲(セレクション)に対して変更をさせる命令文です。今回利用している「Font.Bold」は文字通り、フォントを太字にします。つまり、選択範囲の文字を太字にするという動作になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA