Amazonタイムセール開催中!

AWS クラウドプラクティショナー試験のサンプル問題 – 解答と解説5

AWS クラウドプラクティショナー試験の難易度を知りたいけれどサンプル問題が英語版しかなくて辛い。という方向けに、日本語訳したサンプル問題とオリジナル解説をシェアします。その他のサンプル問題はコチラでご確認ください。

AWS クラウドプラクティショナー試験のサンプル問題

5)AWS共有責任モデルでのAWSの責任は次のうちどれですか?

  • A)サードパーティアプリケーションの設定
  • B)物理的なハードウェアの保守
  • C)アプリケーションのアクセスとデータの保護
  • D)カスタムAmazon Machine Image(AMI)の管理

B)物理的なハードウェアの保守

解説

一般的なクラウドサービスと同様に、回答のA、C、Dに挙げられているようなアプリケーションの設定や保護、アクセス権の管理は利用者が責任を持つ範囲です。AWSはクラウド環境(サービス)の提供と、それを維持するための物理的な保守に責任を持ちます。

問題原文

5) Which of the following is AWS’s responsibility under the AWS shared responsibility model?

  • A) Configuring third-party applications
  • B) Maintaining physical hardware
  • C) Securing application access and data
  • D) Managing custom Amazon Machine Images (AMIs)
参考 AWS クラウドプラクティショナー試験サンプル問題(英文)AWS Certified Cloud Practitioner

その他のサンプル問題は下記関連記事でご確認ください。

AWS クラウドプラクティショナー試験のサンプル問題(日本語訳)のまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA