Amazonタイムセール開催中!

Pythonでコメント表記する方法

プログラムの中にメモを残しておきたい場合ってありますよね。単純にプログラムの中に補足事項などを書いてしまうと構文エラーになってしまいます。

でも、処理の内容や開発者の覚書などを記述しておきたい事って、よくありますよね。そんな問題を回避するために、他のプログラム言語と同様にPythonにもコメント機能が存在します。今回はPythonプログラムにコメントを記述する方法をシェアします。

Pythonでコメント表記する2つのパターン

プログラム言語によって、コメントとして解釈される記述形式は異なりますが、Pythonでは「#」でコメント化できます。

行の先頭に「#」を付与するパターン

コメント化したい文章の先頭に「#」を付与するパターンです。記述したコードを一時的に走行させたくない等、消したくはないけれど実行したくない行がある場合に便利な方法です。

コードの後ろに「#」を付与するパターン

行の先頭だけでなく、関数の後ろにも記述可能です。適切なコメントは、後でプログラムを見直した際にとても活躍してくれます。適時コメントを残すようにする習慣が大切だと思います。

MEMO
コメントはプログラムの中に記述することができますが、実行されません。見直しの際のメモとして備忘録的に記述できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA