Amazonタイムセール開催中!

Pythonの超基本 Hello,World

サクッとPythonに触れてみたいという方向けに、Pythonでプログラムを記述する際の基本的な記述方法や実行方法について簡単にシェアします。

PythonでHello, world

まず最初は、どんなプログミング言語にも最初に登場するであろうHello, Worldの記述です。Pythonも他のプログラミング言語と同じく、テキストファイルにプログラムを記述して、言語毎に決められたファイル形式で保存して実行するという手番が必要です。

MEMO
Pythonはインタプリタ言語なので、コンパイルは不要ですが、作成したコードを見られたくないという場合などバイトコンパイルを行う事で、作成したコードをそのまま見られるとい状況を回避できます。但し、逆コンパイラ(decompiler)を用いてば、リバースエンジニアリングが可能です。

テキストエディタにコードを記述

テキストエディタを起動して、下記のコードを記述します。

上記コードを記述したら、ファイルに保存してください。Pythonプログラムとして実行するためには、ファイルの拡張子を”.py”にする必要がありますのでご注意ください。

注意
今後の手順は”hello.py”というファイル名保存した前提で記述していきますので、読み替えが面倒な方は同じように”hello.py”で保存してください。
利用するテキストエディタについて

WindowsOSであれば標準ツールのメモ帳でOKです。統合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)などの利用を推奨する方もいますが、簡単なコードであればメモ帳やテキストエディタで十分です。IDEは必要になってから考えれば良いです。私は、テキストエディタにSublime Text 3を利用しています。

プログラムを実行

作成したプログラムを実際に実行してみましょう。WindowsOSであればコマンドプロンプトを起動して、プログラムが置かれたディレクトリに移動します。

プログラムファイルが置かれたディレクトリまで移動方法が分からないって方は、デスクトップにプログラムファイルを格納して、コマンドプロントに”cd desktop”、又は”cd デスクトップ”と打ち込んでEnterキーを押してみましょう。

MEMO
WindowsOSの世代によって、英語表記、カタカナ表記の違いがあるようです。

コマンドプロントでファイルを格納したディレクトリまで移動できたら、実行するためのコマンドを発行します。

コマンドプロントに”Hello, World”と出力されれば成功です。

この例ではシンプルな1行プログラムでしたが、どんなプログラムも同じような手番で実行することができます。

複数行のプログラム

Pythonプログラミングの基本として、1行に1つの処理を行うプログラムを記述します。プログラムが実行される際、1行目、2行目、3行目と順番に処理を行っていきます。

1行が1つの処理(ステートメント)

今回はシンプルな1行プログラミングでしたが、複数行の処理を行いたい場合には、文の先頭から改行までが1つの処理という考えで、複数の処理を行う場合には改行で区切って続けて記述していきます。

Pythonでは、条件分岐や変数への代入など、1つ1つの処理をステートメント(文)と定義しています。ここまでで利用したprint(結果を画面に出力)もステートメントの1つです。

注意
Pythonのステートメントは1行に1つだけ記述できます。Pythonは、改行をステートメントの区切りとして認識するため、それぞれのステートメントは改行で区切る必要があります。なので、同じ処理が記載されていても、改行がなければエラーになります。

上記の例では、改行で区切られていないため print “Hello”  print “world”  print “hello world” が1つのステートメントとして認識されることで構文エラーになります。

セミコロンで処理を区切ることも可能

次の例では似たような構文でも、文字の区切りとしてセミコロンを利用することで1行に3つの処理を記述する事もできます。

セミコロンでの文字区切りは、あまり推奨されていないようです。 1行1処理をいう基本ルールの中で、後で見直したり、他の人が修正することを考えると、改行のルールは出来るだけシンプルに、改行とセミコロンが混在することによる読みにくさ回避の観点もあるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA