Amazonタイムセール開催中!

青いカニカマことサラダスティック ソーダ風味は常識を覆す悪魔の味

僕の好きな食べ物のひとつにカニカマがあります。そんなカニカマの変わり種としては一正蒲鉾さんが昨年販売した黄色のカニカマ(瀬戸内レモン風味)が話題になりましたね。

何気なくスーパーでカニカマを買おうとしたところ、青色のカニカマを見つけてしまいました。カニカマ大好きカニカマラーの僕としては購入しない訳がありません。今回は青色のカニカマについて情報をシェアします。

一正蒲鉾さんのチャレンジ精神

一正蒲鉾さんのカニカマ。商品名としてはカニカマではなく、サラダスティックという名称で販売されています。クチナシ色素を使用して爽やかな水色に仕上がったサラダスティックになっています。

見た目のインパクトは抜群。公式サイトによると夏に食べたい清涼感を狙った彩りとのことですが、食欲を退ける青色をあえてチョイスした一正蒲鉾さんの冒険心には驚かせられます。

サラダスティック ソーダ風味の外観

青いカニカマことサラダスティック ソーダ味は標準価格149円(税抜)で販売されているそうです。スペシャルエディションのソーダ風味ですが、価格は赤色のサラダスティックと同じという良心設定。スーパーなどでは実売価格100円前後で販売されています。

爽やかな青色が目を引くパッケージ。青色のドットデザインがソーダのイメージを強くしています。

パッケージから取り出したところ。確かに青い。

切ってみたところ。中身は白くて普通のカニカマと同じ感じです。でもシェイプがどことなく角ばってる気がします。いつものカニカマはもう少し半月に近い形をしていたような。

裏面は白い。当然ながら、このあたりも普通のカニカマを踏襲していました。

サラダスティック ソーダ風味の味

2018年に販売された黄色のカニカマこと「サラダスティック 瀬戸内レモン風味」は食べられる味でした。ちょっと酸味のあるカニカマって感じ。このサラダスティック ソーダ風味はカニカマの味がしなかったです。ほのかにソーダの風味はするけれど、噛みたくない味。

自称カニカマラーの僕としては、どんなに不味くても捨てることはできない。どうやって完食すれば良いのかを考えながら食べ進めました。 舌の上に乗せずに、どうやって噛んで喉を通過させるかを真剣に考えながら。最後は緑茶で流し込みながら無事に完食しました。

https://yukishi.com/wp-content/uploads/2019/08/face-4.png

味って大切ですね。味を変えなくていいから、色だけ変えたバージョンが欲しいです。

出典:一正蒲鉾 公式サイト

公式サイトではインスタ映えを狙った写真が掲載されていますが、これ絶対に美味しくないですよ。このカニカマ ソーダ味とブルーベリー、クリームチーズ、スプラウト。普通にトーストが食べたい。

今回紹介した青いカニカマこと「サラダスティック ソーダ風味」は2019年8月1日から夏季限定で販売とのこと。そろそろ販売が終了する日も近いかもしてません。「どんだけ不味いねん!」とお疑いの方、いますぐ近所のスーパーを要チェックです!!

https://yukishi.com/wp-content/uploads/2019/08/face-3.png

公式サイトによると、9月にはオレンジ色の「みかん風味」も登場するみたいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA