Amazonタイムセール開催中!

Windows10でSysprepが失敗する場合の対処

VDI(仮想デスクトップ)のOSとしてWindows10を採用する企業が増えてきました。2015年11月のリリースされたWindows10のメジャーアップデート(ver.1511)が含まれている環境で、Sysprepが失敗するケースがあります。OSにWindows10を採用する場合に注意すべきことをご紹介します。

Sysprepが失敗する条件

この事象が発生する原因はWindows 10のバージョン1511で追加された「Microsoft コンシューマー エクスペリエンス」という機能にあります。コンシューマーエクスペリエンスは、Windows ストア経由で、おすすめのアプリが自動インストールされる機能です。この機能が有効な状態で Sysprep を実行した場合、Sysprep の処理が失敗します。

Sysprepを失敗しない2つの回避策

インターネット接続を切断する

コンシューマーエクスペリエンスの機能はインターネット経由でアプリケーションが自動インストールされる機能です。そのため、意図的にオフラインの状態にすることで自動インストールを停止させることができ、Sysprep処理を正常に実行させることができます。

グループポリシーで、自動でインストールを制限する

ローカルグループポリシーを利用して「Microsoft コンシューマー エクスペリエンス」の機能を無効にすることで、Sysprepを正常に走行させる方法があります。

このポリシーを適用することで、アプリケーションの自動インストールを防ぐことができます。もちろん、展開後にポリシーを再設定すれば展開後のPCはアプリケーションが自動インストールできる環境になります。

設定するポリシー

[コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [クラウド コンテンツ] – [Microsoft コンシューマー エクスペリエンスを無効にする]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA