Computer

Windows10でSysprepが失敗する場合の対処

最近、VDI(仮想デスクトップ)のOSとしてWindows10を採用する企業が増えてきました。2015年11月のリリースされたWindows10のメジャーアップデート(ver.1511)が含まれている環境で、Sysprepが失敗するケースがあります。OSにWindows10を採用する場合に注意すべきことをご紹介します。

この事象が発生する原因はWindows 10のバージョン1511で追加された「Microsoft コンシューマー エクスペリエンス」という機能にあります。コンシューマーエクスペリエンスは、Windows ストア経由で、おすすめのアプリが自動インストールされる機能です。この機能が有効な状態で Sysprep を実行した場合、Sysprep の処理が失敗します。

Sysprepを失敗しない2つの回避策

インターネット接続を切断する

コンシューマーエクスペリエンスの機能はインターネット経由でアプリケーションが自動インストールされる機能です。そのため、意図的にオフラインの状態にすることで自動インストールを停止させることができ、Sysprep処理を正常に実行させることができます。

グループ ポリシーで、自動でインストールを制限する

ローカルグループポリシーを利用して「Microsoft コンシューマー エクスペリエンス」の機能を無効にすることで、Sysprepを正常に走行させる方法があります。このポリシーを適用することで、アプリケーションの自動インストールを防ぐことができます。もちろん、展開後にポリシーを再設定すれば展開後のPCはアプリケーションが自動インストールできる環境になります。

設定するポリシー
[コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [クラウド コンテンツ] – [Microsoft コンシューマー エクスペリエンスを無効にする]

<

関連記事

  1. Apple

    ディスプレイ一体型PC(iMac21.5)を梱包してみた。

    使用頻度がほとんどなくなったので、iMac21.5 late2009を…

  2. ランサムウェアだけじゃない、ニャンサムウェアの脅威!

    Computer

    ランサムウェアだけじゃない、ニャンサムウェアの脅威!

    ランサムウェアによって、大切なファイルが利用できなるというニュースを頻…

  3. Computer

    新しい攻撃手法「DoubleAgent attack」にご注意!

    嫌な話ですが、新しい攻撃手法が広まりつつあるようです。今回、新たな攻撃…

  4. Computer

    エクセル(マイクロソフト)の名前の由来をご存知ですか?

    つい先日、会社の新人にExcelの関数を教える機会がありました。仕事柄…

  5. Apple

    コンパクトなUSB Type-C to USB-A変換アダプタを購入してみた

    MacBook Pro 2017で従来型のUSB機器を使いたいけれど、…

最近の記事

  1. どっちを選べばいいの!?「x86」と「x64」の違いってなに?
  1. Business Skills

    ビジネスシーンに求められる3大能力
  2. Computer

    ITサービスマネジメントに携わるなら知っておきたいITILの歴史
  3. Apple

    コンパクトなUSB Type-C to USB-A変換アダプタを購入してみた
  4. Business Skills

    大丈夫?実は知らないメールアドレスのルール
  5. 仕事がスムーズに進む、モノの言い方(依頼編)

    Business Skills

    仕事がスムーズに進む、モノの言い方(依頼編)
PAGE TOP