Computer

Windows10でSysprepが失敗する場合の対処

最近、VDI(仮想デスクトップ)のOSとしてWindows10を採用する企業が増えてきました。2015年11月のリリースされたWindows10のメジャーアップデート(ver.1511)が含まれている環境で、Sysprepが失敗するケースがあります。OSにWindows10を採用する場合に注意すべきことをご紹介します。

この事象が発生する原因はWindows 10のバージョン1511で追加された「Microsoft コンシューマー エクスペリエンス」という機能にあります。コンシューマーエクスペリエンスは、Windows ストア経由で、おすすめのアプリが自動インストールされる機能です。この機能が有効な状態で Sysprep を実行した場合、Sysprep の処理が失敗します。

Sysprepを失敗しない2つの回避策

インターネット接続を切断する

コンシューマーエクスペリエンスの機能はインターネット経由でアプリケーションが自動インストールされる機能です。そのため、意図的にオフラインの状態にすることで自動インストールを停止させることができ、Sysprep処理を正常に実行させることができます。

グループ ポリシーで、自動でインストールを制限する

ローカルグループポリシーを利用して「Microsoft コンシューマー エクスペリエンス」の機能を無効にすることで、Sysprepを正常に走行させる方法があります。このポリシーを適用することで、アプリケーションの自動インストールを防ぐことができます。もちろん、展開後にポリシーを再設定すれば展開後のPCはアプリケーションが自動インストールできる環境になります。

設定するポリシー
[コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [クラウド コンテンツ] – [Microsoft コンシューマー エクスペリエンスを無効にする]

Windows10の環境でSysprepが失敗する方は、ぜひお試しください。詳細はマイクロソフト社の技術ブログでも紹介されています。

Windows 10 (バージョン 1511) における Sysprep 実行時の注意点

関連記事

  1. SEなら最低限理解しておくべきCIとHCIの違い

    Computer

    SEなら最低限理解しておくべきCIとHCIの違い

    より簡単に使える仮想化インフラとしてシェアを伸ばしているハイパーコンパ…

  2. Computer

    Google Cloud onBoard Osakaに参加した話

    2018年3月14日に大阪で初めて開催された「Google Cloud…

  3. Computer

    Logicool HD WEBCAM C270とC310の違い

    「FaceRigで遊ぶ」という目的のために、2000円以内で購入できる…

  4. Apple

    MacBookPro2017で使えるUSB TypeC to HDMI変換アダプタを購入してみた

    作業用PCとしてMacBook Pro 2017(13inch)を会社…

  5. Computer

    これから始める!Active Directoryの基礎のキソ

    ITの世界では、次々と新しい技術が生まれ、常に成長し続けています。「A…

最近の記事

  1. どっちを選べばいいの!?「x86」と「x64」の違いってなに?
  1. Apple

    MacBookPro2017で使えるUSB TypeC to HDMI変換アダプ…
  2. Money

    これでバッチリ!ライフスタイルから考える家賃の目安
  3. Diary

    Amazonで注文した商品が予定日を超えても届かない問題
  4. Money

    貯金をするための心得3ヶ条:一人暮らし編
  5. Computer

    これから始める!Active Directoryの基礎のキソ
PAGE TOP