Amazonタイムセール開催中!

時差や祝日に注意!米国株を購入できる取引時間

注文を入れたけれど、なかなか約定しない…なんて事にならないように、取引が可能な時間や株式市場が休みになるアメリカの祝日の情報をシェアします。時差は気にしているけれど、祝日は見落としがちなので要注意です。

米国証券取引所の取引時間

アメリカには日本でも導入が検討されたことがあるサマータイムという制度があります。 証券取引所で取引が可能な時間は、米国東部時間で9:30から16:00と統一されています。しかし、サマータイムの影響を受けるため、日本からみると取引時間は季節により変わる事になります。

  • 標準取引時間:23:30 から 翌6:00
  • サマータイム:22:30 から 翌5:00
日本とアメリカの時差
日本の標準時刻は1つだけですが、アメリカ合衆国には6つのタイムゾーンがあります。そのため、日本との時差は、14時間~17時間です。証券取引所の取引時間に採用されているのはアメリカ東部の標準時刻で、日本の時差は14時間。サマータイム期間は13時間です。

時間外取引を含めた米国証券取引時間

証券取引所の取引時間は上記の通りですが、時間外取引が開催されています。そのため、日本から取引できる時間は下記の通りです。

  • 標準取引時間:22:00 から 翌10:00
  • サマータイム:21:00 から 翌9:00

時間外取引時間も加味すると、毎日12時間の取引時間があるんです。

時間外取引
時間外取引は、Extended Hours Tradingと呼ばれます。アメリカでは証券取引所の取引時間時間前後となる8:00から9:30、16:00から20:00に時間外取引時間が行われています

サマータイムの適用期間は8カ月

サマータイム(Daylight Saving Time)は、毎年3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までの約8カ月。サマータイムという名前から真夏の期間だけの期間をイメージしますが、実は1年のほとんどはサマータイムなんです。逆に「標準期間」と呼ばれる時間は4カ月しかありません。

証券取引所が休みになる祝日

アメリカの証券取引所が休みになる日を一覧にしました。この一覧に記載した日は1日中休みになりますが、半日のみ取引(日本時間で翌朝3時に終了)が行われる日が1年に数日あります。

2019年は7月3日(独立記念日の前日)、11月29日(感謝祭の前日)、12月24日(クリスマスの前日)の3日でした。2020年も同様に特別な祝日の前日は取引が早く終了します。

アメリカの祝日(2020年版)

日付 曜日 祝日名(日本語表記) 祝日名(英語表記)
1月1日 ニューイヤーズデー New Years Day
1月20日 キング牧師誕生日 Martin Luther King, Jr. Day
2月17日 ワシントン誕生日 Washington’s Birthday
4月10日 グッドフライデー Good Friday
5月25日 戦没者追悼記念日 Memorial Day
7月3日 アメリカ独立記念日 Independence Day
9月7日 労働者の日 Labor Day
11月26日 感謝祭 Thanksgiving Day
12月25日 クリスマス Christmas

2020年に通常よりも早く取引終了する日は11月27日、12月24日の2日です。注文だけ出しておいて約定を待つという方法もありますが、狙った価格、タイミングで取引したい方、デイトレード志向の方は要注意なのが祝日と半日取引のスケジュールです。

好機を逃さないためにも、購入する国の祝日にご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA