アウトドア御用達のRIVERS スタウトエアを街飲み用ボトルに!

あんまエコじゃないよね…と思いつつ、出勤や外出の度にペットボトルのお茶や水を購入しているのですが、そろそろなんとかしようという事で携帯用ボトルを購入することにしました。メンテナンスを考慮するとペットボトルの水を購入する方が楽で良いのだろうけれど「プラゴミ問題やペットボトル飲料の購入コストを考慮するとあまり良くないよね。」というのが購入を決意したポイント。そして選んだのはアウトドア用品で実績の高いRIVERSさんのStoutAir(スタウトエア)です。

丈夫で水漏れなしの軽量クリアボトル「RIVERS スタウトエア」

今回の購入アイテム

レトロ感のあるパッケージが逆にかわいい仕上がりになっています。今回はクリアカラーの400mlを購入しました。

タフで軽量なドリンクボトルならRIVERSのスタウトエア

サイズは400ml、550ml、1000mlの3サイズ展開。カラーはベージュ、ブルー、クリア、オリーブ、ブラックの5色で展開されています。実際に店頭で実物を見れたのが1000mlサイズだったのですが、なんとなく違うなーという感じがしたので、公式サイトなどで容量別のサイズ感を見比べつつ、最終的に400mlのモデルを選択しました。

市販のペットボトル飲料には500mlの商品が多く、400mlと聞くと小さく感じますよね。でも、スターバックスのTall(トール)サイズの容量は350mlなんです。そう考えれば500mlではなく400mlという選択もアリだと思います。

出典:RIVERS公式サイト

キャップ部分とボトル本体のバランスが最も可愛い感じになっているのが400mlモデルだと思っています。飲み物を入れて持ち歩く以外にも、公式サイトの画像のように携行食を入れたりと様々な用途に活躍してくれるボトルです。丈夫で軽量、更に目的別に最適な両量を選択できるのがスタウトエアの特徴です。

タフで軽量なドリンクボトルならRIVERSのスタウトエア

ボトルにはRIVERSのロゴとSTOUT AIRの文字がプリントされています。反対側には容量を示すメモリがあるので簡易的な計量カップとしても利用できます。本体の素材はアウトドア業界で人気なトライタンという樹脂素材です。見た目はプラスチック感がありますが、透明感や軽さタフさはまったく異なります。

タフで軽量なドリンクボトルならRIVERSのスタウトエア

水を飲むときに嬉しいスプラッシュガード(中フタ)も付属しています。これがあると適度に水量が制御されて飲み溢しがなくなるので嬉しいですね。

タフで軽量なドリンクボトルならRIVERSのスタウトエア

当然ながらスプラッシュガードは取り外しできます。大口径なのでスポンジを入れて洗う時も楽です。

タフで軽量なドリンクボトルならRIVERSのスタウトエア
タフで軽量なドリンクボトルならRIVERSのスタウトエア

ボトルキャップと本体はシリコン製のストラップで接続されているのでキャップを紛失する心配はありません。アウトドア用のボトルで有名なナルゲンボトルにも同じようにストラップがついていますが、ストラップのスタイリッシュさはスタウトエアの方が数倍あります。

ストラップの長さも強度も十分。カラビナを付けてバッグからぶら下げたり、持ち歩き方のスタイルもいろいろ楽しめる作りになっています。

デメリット:保温や保冷の機能はない

見た目よし、重さも軽くて満足で基本的な機能としては何の問題もないので、めちゃくちゃオススメなのですが1点だけ留意点があります。勘の良い方は見た目で感じていたかと思いますが、保温や保冷の機能はないです。

タフで軽量なドリンクボトルならRIVERSのスタウトエアの唯一のデメリットは保温、保冷できないところ。

ダブルウォールではないので冷水を入れると写真のように結露します。夏になて常に冷たい飲み物を持ち歩きたい!というニーズには不向きです。逆に言えばデメリットはそれくらい。冷水ではなく常温の水を持ち歩きたいという人にはベストマッチなアイテム。

タフで軽量なドリンクボトルならRIVERSのスタウトエアの唯一のデメリットは保温、保冷できないところ。

外出先でペットボトル飲料を購入する機会を減らしたいというニーズだけでなく、オフィスワーク時にウォーターサーバーから定期的に給水できる環境があると方には良い選択になると思います。デザイン良し、携行性良し、耐久性良しの三拍子が揃ったボトルを探している方は、選択肢の1つにRIVERSのスタウトエアを加えてみるのはいかがでしょうか。

としゆき

kintoのウォーターボトルとも悩んだのですが、kintoはハンドル部にカラビナを付けて持ち歩くと勝手に口が開く可能性があるので選択肢から外れました。

今回の購入アイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA