Amazonタイムセール開催中!

ファミペイを退会(解約)する方法と事前にやっておくべきこと

なんとかPayが世の中に氾濫していますね。登録したものの使い勝手が悪く、ファミペイ (famiPay) を解約しました。今回はファミペイを解約する際に注意しておきたい点があったので、解約する際の留意点をシェアします。

ファミペイ(FamiPay)の解約前にやるべきこと

ファミペイの残高、ファミペイボーナスを使い切る

退会手続きが完了すると、ファミペイボーナスだけでなく、ファミペイにチャージしている残高が消えます。せっかくチャージしたお金がゼロになるんです。なので、きっちりと残高を使い切ってから解約しましょう。

注意
残高を使い切るためにファミペイに確認したところ、ファミペイは他の支払いと併用はできないそうです。残高が不足している場合はファミペイでの支払い不可になるそうです。

不足分はチャージ可能だけど、1000円単位なんだって。まさに無限ループ地獄。

イオングループが発行しているWAONは「不足分は現金払い」ができるらしいです。ファミペイはとことんイケてない。

残高を使い切る方法を考えてみた

なんとか残高を使い切りたいという事で、下記の方法で使い切りました。

1000円以上の残高

  • Amazonギフト券
  • QUOカード

999円以下

  • 飲み物、チョコレートなど

少額

  • 切手(1円切手、10円切手)
MEMO
切手は購入できないと思っていましたが、ファミペイで購入可能でした。

ファミペイ(FamiPay)の解約時に知っておくべきこと

同じ電話番号でファミペイに再登録できない。

ファミペイの会員登録時に登録した電話番号を利用して再登録はできません。どうしても再登録したい場合は、別の電話番号を用意する必要があります。

ファミペイ(FamiPay)の退会方法

退会(解約)はとても簡単です。アプリ内ですべてが完結します。

ごめんなさい。ファミペイアプリの仕様上、画面の取得ができませんでした。
画面の左上サイドメニュー(メニューボタン)を押す。

メニューボタンは左上の横棒3本のアイコンです。このアイコンを押すとサイドメニューが展開されます。

サイドメニュー内の「お問い合わせ」を押す。

お問い合わせはサイドメニューの中央あたりにあります。

ページ下の「退会の方はこちら」を押す。

退会はこちらの文字は、表示された画面を一番下までスライドしたところにあります。すぐに見つからないところにあるのが、曲者です。

内容を確認し「退会する」を押す。

ファミペイの残高やファミペイポイントの残高の有無が表示されます。失っても良いポイント、もしくは残高0になっていることを確認して「退会する」を押しましょう。

ファミペイ(FamiPay)がダメな点

ファミリーマートでしか使えない。

他のコンビニが展開しているなんとかPayも同じですが、系列店でしか使えません。そんなに何種類もPayサービスを利用したくないので、私は全コンビニで利用できるPayPayだけで良いです。

ファミリーマートでしか使えないのに、クーポンや割引がショボいってのも継続利用しなかった点です。使い勝手が悪い欠点をクーポンなどの利用者サービスで補えていないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA