Amazonタイムセール開催中!

マリオカートツアーのトーキョーツアー・チャレンジ2を攻略するヒント

今回はトーキョーツアーのツアーチャレンジ2を攻略するヒントをシェアします。ツアーチャレンジ2は関連記事「マリオカートツアーのトーキョーツアー・チャレンジ2を攻略するヒント」でご紹介しています。

マリオカートツアーのトーキョーツアー・チャレンジ1を攻略するヒント

ツアーチャレンジ2の内容

トーキョーツアーのツアーチャレンジ1は9つの課題で構成されています。

  • キラーを使う
  • ロケットスタートを合計5回する
  • ミドリこうらを合計10回当てる
  • ジャンプアクションを1レースで20回する
  • 「帽子をかぶったキャラ」で6000ポイント以上とる
  • ドカンを合計3回ふきとばす
  • 「こうらをせおったキャラ」で7000ポイント以上とる
  • 「リボンをつけたキャラ」でジャンプアクションを1レースで20回する
  • スペシャルスキル「ハート」を合計3回使う

各課題について、達成するためのポイントをご紹介していきます。

トーキョーツアーチャレンジ2を達成するためには

トーキョーツアーチャレンジ1と同じく、意識的に取り組まないと達成できない課題と、コースを攻略している中でいつの間にか達成している課題があります。

毎日の性能アップ分やコイン収集の限界まで、しっかりとプレイしている方ならほとんどの課題はいつの間にかクリアできます。注意すべきなのは特定キャラクターを使わないとクリアできない課題です。

キラーを使う

個人的な経験で上位で競っている時に、サンダーやキラーが出たことがないです。なので、あえて後ろにつけてノロノロと走ってみることをオススメします。5位〜8位くらいで周回しているとポロッと出ます。

アイテムで確率アップを狙うならワリオカイトです。

ロケットスタートを合計5回する

みんな大好きロケットスタート。コース攻略していたらサクッと達成できちゃう課題です。

ミドリこうらを合計10回当てる

合計10回なので意識しなくても溜まっていきます。

狙ってクリアしたいなら、ノコノコやカロン、イギーといったトリプルミドリこうらのスペシャルスキルを持っているキャラクターの利用がオススメ。

コースはレインボーロードなどの壁がないコースではなく、マリオサーキットなどの壁が設置してあるコースが良いです。もし外した場合にも、跳ね返りで他のキャラにヒットすることも。

ジャンプアクションを1レースで20回する

コース選択が肝です。僕はヘイホーカーニバルXでクリアしました。10周あたりジャンプアクション10回できるコースを狙っていけば良いです。

「帽子をかぶったキャラ」で6000ポイント以上とる

帽子をかぶったキャラは6人。

  • ベビィマリオ
  • マリオ
  • ディディーコング
  • ワリオ
  • メタルマリオ
  • マリオ(バンドマン)

持っている帽子キャラでフィーバーを狙えるコースを周回しましょう。

ドカンを合計3回ふきとばす

マリオサーキットやキノピオサーキットなどのコース上、コース脇に設置されているドカンを吹き飛ばせという課題。コースの選択とキャラ選択が条件を満たしていないとクリアできません。

通常状態でぶつかっても車が止まってしまうだけですが、フィーバー状態や巨大化した状態でドカンと接触することでドカンを吹き飛ばすことができます。ドカンが設置されているコースと、フィーバーできる手持ちキャラの組み合わせを確認して周回しましょう。

「こうらをせおったキャラ」で7000ポイント以上とる

トーキョーツアーからクッパ7人衆が利用可能なキャラクターに加わったことで、こうらを背負ったキャラが爆発的に増えました。

7000ポイント取るには、こうらを背負ったキャラがフィーバーできるコースを狙っていきましょう。

「リボンをつけたキャラ」でジャンプアクションを1レースで20回する

リボンをつけたキャラはウェンディ、キノピーチ、ピーチ(きもの)3人。

キノピーチ、ピーチ(きもの)はレアリティが高いので入手困難。ウェンディがストアに並んでいたら迷わず購入しておきましょう。

入手したらでジャンプアクションを多くできるコースを周回します。「ジャンプアクションを1レースで20回する」の課題と一緒にクリアすると一石二鳥です。

スペシャルスキル「ハート」を合計3回使う

課題名の通り、スペシャルスキルにハートを利用できるキャラクターを使うだけ。キャラクター選択を間違わなければサクッとクリアできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA