Amazonタイムセール開催中!

Windows10でスタートアップ(自動起動)にアプリを登録する方法

毎日利用するアプリケーションをパソコン起動時に自動実行(自動起動)させたいという事がありませんか?常駐アプリを起動するのが面倒な場合に有効な「スタートアップへの登録」について設定方法をシェアします。

スタートアップの設定(追加)方法

特定のフォルダにアプリケーションやバッチファイルを格納することで、Windowsの起動処理の中で実行させることができます。

スタートアップフォルダへの追加手順

エクスプローラーを起動

どんな方法でも良いのでエクスプローラーを起動しましょう。

スタートアップ用のフォルダに移動

エクスプローラーのアドレスバーに「shell:startup」と入力して、エンターキーを押してください。スタートアップ用フォルダに移動する「おまじない」です。

スタートアップフォルダの表示確認

アドレスバーが「~(略)~ Windows > スタートメニュー > プログラム > スタートアップ」になっていれば、移動成功です。

自動起動したいアプリ等を追加

「~(略)~ > プログラム > スタートアップ」のフォルダに登録されているアプリやファイル(ショートカットでも可能)がWindows起動時に実行されます。ここに自動起動したいアイテムを登録すれば完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA