Amazonタイムセール開催中!

実質0円でAmazonゴールドカードを利用する方法

この方法を実践する大前提として、Amazonプライムの会員であることが条件です。Amazon Mastercardゴールド(通称:Amazonゴールドカード)には、Amazonプライム特典が付随しているので、この条件に少し工夫を加える事で、通常10,800円の年会費を実質タダ(むしろ年間580円おトク)で利用できるようになります。今回は、そんなお得なAmazonゴールド活用方法をシェアします。

Amazon Mastercard ゴールドの会費と特典

そもそも無料でも、Amazon Mastercard ゴールドなんて必要ないし…という人のために、このカードを持つことのメリットを紹介しておきます。

  • Amazonプライム特典が無料
  • Amazonで買物すると2.5%のポイントバック
  • Amazon以外の買物でも1%のポイントバック
  • 全国主要空港のラウンジが使える
  • 最大5,00万円の海外・国内旅行傷害保険付き
  • ショッピング保証が最高300万円

年会費が無料になる方法を使えば、これらのサービスを実質無料で利用できる、かなりお得なカードです。

どうすれば、Amazonゴールドを実質0円で利用できるのか

Amazon Mastercard ゴールドにも、他のゴールドカードと同じように年会費という壁が存在します。それを限りなく減額していくと、最終的に年会費が実質0円(580円おトク)なります。

年会費が割引される条件
  • マイ・ペイすリボに登録すること(年会費を5,400円引き)
  • WEB明細書を利用、年6回以上のカード利用(年会費1,080円引き)

この2点を満たすと、年会費が6,480円引きになります。つまり、年会費4,320円(10,800円 – 6,480円)です。

Amazonプライムの年会費が4,900円なので、Amazon Mastercardゴールド以外でAmazonプライムの年会費を支払っている人は、このカードを契約するだけで、年間580円の収支改善をしながら、Amazon Mastercardゴールドのサービスを利用できちゃいます。

注意
申し込み時にはリボ払いの上限を3万円までしか設定できません。3万円以上利用した場合には、文字通りリボ払い扱いになって総合的にみると支払額が高くなります。カード発行後、ウェブサイト(vPass)でリボ払い金額を月20万円とか普段使う金額以上に設定しておくと、リボ払いだけど実質1回払いの扱いで支払いできます。

Amazonプライム会員じゃないんですけど…という場合には、年会費4,320円分を支払う必要がありますが、Amazonで月2万円(年間24万円)を利用した場合、6,000ポイント(購入金額の2.5%)が付与されるので、十分に元が取れます。

年会費10,800円は高いように感じますが、Amazon Mastercardは実質0円以下で利用できるゴールドカードなので、持っておいて損はない1枚だと思います。

Amazonでガンガン買物してるって人は、絶対持っておくべき!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA