Amazonタイムセール開催中!

JINSでコンタクトレンズを買うなら、まずは無料トライアルで試すべし

気軽に購入できる価格でレンズ付きメガネを販売しているJINSがコンタクトレンズの販売を開始しているって知っていましたか?今回は、JINSの無料トライアルレンズを利用して5日分のコンタクトレンズを購入してみたので感想をシェアします。

初回購入は無料トライアルレンズを購入すべし

無料トライアルで注文すると、実質5日分のコンタクトレンズ(左右5日分の計10枚)を送料のみ500円で購入できます。一度でも購入したことのある人は、無料トライアルで注文できないそうなのでご注意ください。

通常購入する場合、片目30日分で2,000円。消費税が10%かかるので2,200円です。両目だと税込みで4,400円。無料トライアルレンズは5日分のみですが、送料のみ500円で購入できるので、初回購入は無料トライアルをぜひご利用ください。使わないと損です。

JINS 1DAY(ジンズ ワンデー)の特徴

  • 左右のレンズ1ヶ月あたり4,000円の低価格
  • 取り扱いは近視度数のみ
  • 含水率58%なので目が乾きやすい

JINS 1DAYの仕様書を読んで、含水率が高いから目が乾きにくいのかな…なんて思ったのですが、一般的にソフトコンタクトレンズは含水率が高い方が目が乾きやすいんだそうです。

イメージでいうと、ソフトコンタクトレンズはスポンジのようになっていて、含水率が高いレンズは周囲から多くの水分を吸収するんだそうです。ソフトコンタクトレンズを着用する目が乾きやすいのは、この理由。 目の水分をソフトコンタクトレンズが吸収しちゃうんです。

JINS 無料トライアルレンズのパッケージ

JINSの無料トライアルレンズは宅配便で届きます。紙製のパッケージに直接送付ラベルが貼られていました。

ペリペリ…とミシン目に沿って開封していきます。JINS 1DAYのレンズをもっとお得に購入できる「おトク定期便」という購入方法もあるんだそうです。

JINS おトク定期便

おトク定期便で購入すると毎月10%のディスカウントを受ける事ができて、12ヶ月継続するとJINSのメガネが1本貰えるそうです。

パッケージの中身はこんな感じ。お知らせ系の紙類が多い。

  • レンズ本体(2箱)
  • JINS 1DAY おトク定期便のお知らせ
  • JINS SAFETY GUIDE(ご使用上の注意)
  • JINSアプリの紹介チラシ
  • JINS 1DAYの20%OFFクーポン

残数管理に最適なレンズのナンバリングが嬉しい

パッケージを開封すると、こんな感じ。レンズに番号が振られているので左右のペアを間違わなくて良いですね。個人的には1番から使っていくよりも5番から使っていく派です。その方が残数がすぐにわかるし。

ここで、JINS 1DAYの悪いところを発見。購入する際に左右の度数を選択するのですが、到着したコンタクトレンズには左右の表記やシールが貼られていないんです。

どちらが右目用なのか、左目用なのかわからない状態。購入時には左右に分けて入力させるくせに、到着したパッケージには左右を判断するための工夫がなかったです。

https://yukishi.com/wp-content/uploads/2019/10/face-003.png

以前にメガネを購入した際の度数から左右を確認しました。注文の時にもこれで購入したので間違いなし。

パッケージの側面をよくチェックしていると、「L」「R」という表記がされてうる部分がありました。これが出荷時のチェック漏れなのか、購入者が自分でチェックを入れる用なのかは謎です。

密封フィルムを剥がすと、普通のコンタクトレンズと同じ感じ。装着する際に感じたのは、いつも使っているコンタクトレンズよりも、少し大きめかもしれないって点。装着する際に何度か失敗しました。

https://yukishi.com/wp-content/uploads/2019/10/face-004.png

無料トライアルを利用してみましたが、やはり乱視に対応したレンズでないと僕には不向きなので、今後の継続購入はしない感じです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA