Amazonタイムセール開催中!

8730円もお得に大阪市内の観光スポットを巡れる大阪周遊パスの旅

大阪をお得に観光するなら、ぜひ利用して欲しい「スルッとKANSAI 大阪周遊パス」というお得なチケットをご紹介します。大阪市内の電車、バスが乗り放題、さらに40か所以上の観光スポットが無料で利用できる特典付き。今回は、この超お得なチケットを利用したプランをシェアします。

https://yukishi.com/wp-content/uploads/2019/08/face-3.png

僕は、地元から大阪観光に来る友人を案内する場合は、このチケットをいつも利用させてもらっています。

大阪周遊パスで得られる特典

  • Osaka Metro、大阪シティバスが乗り放題
  • 観光スポットを無料利用
  • 観光スポットが割引価格に
  • 飲食店でグッズプレゼントなど

スルッとKANSAI 大阪周遊パスの料金は、1日券は2700円。2日券は3600円です。万博公園や堺市までエリアを拡大したチケットもありますが、大阪市内の観光に特化するなら、2,700円で1日遊び尽くせます。

無料で利用できる観光スポットの一例
  • 梅田スカイビル 空中庭園展望台 1,500円
  • HEP FIVE観覧車 600円
  • 国立国際美術館 430円
  • NAKANOSHIMA Night View Cruise 1,500円
  • 大阪水上バス アクアライナー 1,700円
  • 大阪城天守閣 600円
  • イリュージョンミュージアム 1,200円
  • サンタマリア トワイライトクルーズ 2,100円
  • レッドホース オオサカホイール 1,000円

無料で利用できる施設は40箇所以上あります。一例として紹介した施設をすべて1日で回ろうとすると、けっこう忙しいスケジュールになりますが、周遊パス2,700円で合計10,630円以上の施設を利用出来てしまいます。周遊パスにはOsaka Metroの1日乗車券「エンジョイエコカード」(800円と同じ1日乗車券の機能もあるので8,730円もお得に大阪を観光できるんです。早朝から深夜まで詰め込みすれば10,000円以上のお得なプランも組めるかもしれません。

大阪周遊パスを利用した観光コース

僕が最近利用した観光コースをご紹介します。梅田周辺の観光から梅田スカイビルに登って、水上バスで大阪城に移動。なんばを軽く観光という流れです。

9:30
梅田スカイビル 空中庭園展望台
出典:空中庭園展望台 公式サイト

展望台の入場料金は大人1,500円。大阪周遊パスの提示で無料で入場できちゃいます。9:30から開館しているので朝イチの観光に最適です。梅田スカイビル空中庭園展望台は、地上170mの高さから360度で大阪の街を見渡すことができる展望台です。この梅田スカイビルは英国で「世界の建築トップ20」に選ばれたこともあり、海外からの観光客にも人気のスポットです。

10:30
絹谷幸二 天空美術館
出典:ARTことはじめ

梅田スカイビル タワーウエスト27階に設けられた美術館。開館時間は10:00なので空中庭園で360度のパノラマビューを楽しんだあとに寄り道するのに丁度よいです。入館料は1,000円。もちろん、周遊パスで無料になります。独特の世界観で生み出される作品に刺激を受けます。平面作品だけでなく、立体作品や3D映像の展示も楽しめます。

11:30
梅田エリアでランチ
13:00
大阪水上バス アクアライナー
出典:OSAKA INFO

淀屋橋から大阪城を結ぶアクアライナー。梅田エリアから大阪城までを水上バスで移動できます。もちろん、運賃の1,700円は周遊パスで無料に。桜の通り抜けで有名な造幣局の横を通るので、春には桜を水上から眺めることができます。天気の良い日には、中之島エリアのリバーサイドに設けられたカフェテラスで飲食を楽しむ人たちと手を振りあうという交流も楽しめます。

14:00
大阪城御座船
出典:OSAKA INFO

大阪城の内堀を周遊する遊覧船「大阪城御座船」。乗り場は内堀北側(極楽橋付近)にあります。チケット売り場で周遊パスを提示すれば、乗船料の1,500円が周遊パスの提示で無料になります。内堀の中から大阪城を見上げると、いつも以上に大きく感じます。周遊しながら大阪城の歴史や石垣の秘密を紹介してもらえるので、大阪城のことを楽しみながら学べます。

15:30
大阪城天守閣
出典:Wikipedia

大阪のシンボルとも呼ばれる大阪城天守閣。周遊パスの提示で入場料600円が無料に。復興事業として1931年に竣工。平成の大改修と称して1995年から1997年にかけて耐震補強や外壁の塗り替え、屋根瓦の交換などが行われました。設計上は阪神淡路大震災級の地震にも耐えるそうです。天守閣自体は復興事業で再建されたものでコンクリート作りです。内部にはエレベーターがあり最上階まで登った後、各階の展示を見ながら階段で下っていくのが通常ルートになっています。

開館時間に注意

大阪城天守閣の開館時間は17:00まで。館内を細部まで見て回ると意外と時間を必要とするので、早めの到着をオススメします。

16:30
イリュージョンミュージアム
出典:pretty online

2017年に大阪城天守閣エリアのミライザ大阪城にオープンしたマジックショーミュージアム。1日なんどか開催されるイリュージョンショーは500円が必要ですが、、マジック道具や人体浮遊などの展示エリアの入場料1,200円が周遊パスで無料になります。

18:00
道頓堀 〜 新世界でディナー

くいだおれの街「大阪」を感じることができるエリア。関西以外に住んでいる人がイメージする大阪は道頓堀から新世界周辺にあります。周遊パスがあれば、道頓堀川をクルージングするツアーを無料で体験できますが、夕食を楽しんだら最終スポットを目指します。

20:00
ハルカス300 展望台

名前の通り高さ300メートルに到達する超高層ビルの阿倍野ハルカス。最上階に設けられた展望フロア「ハルカス 300」からは大阪の街並みを見渡せます。大人1,500円が周遊パスの提示で無料になります。年中無休で22:00まで営業しているので、大阪観光の最後に夜景を見ながら、巡った観光スポットを探すという楽しみ方がオススメ。

他にも様々なプランが練れると思います。ご紹介したような大阪市内のメジャースポットを1日で回るのは結構スケジュールが過密になってしまうので、日程に余裕があるなら2日間のプランで巡るか、梅田エリア、難波、天王寺エリアに絞ってプランを練るほうが、ゆっくりと各箇所に時間をかけて楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA