Amazonタイムセール開催中!

ノンプログラミングでLINEチャットボットを作る方法 #5:LINE開設

前回までDialogflowを利用してチャットボットの中身を作成する方法を紹介してきました。今回は、ユーザの窓口となるLINE公式アカウントを作成する方法をシェアします。

ノンプログラミングでLINEチャットボットを作る方法

LINE公式アカウントとは

以前はLINE@と呼ばれていたアカウントです。友達と繋がるための個人用アカウントではなく、友達登録してくれたユーザに対して情報を受けたり、プッシュしたりできるアカウントです。2020年9月時点では「LINE公式アカウント」という名称に変更されています。

個人で作って遊ぶには無料プランで十分

LINE公式アカウントには3つのプランが存在しています。

出典:LINE for Business 料金プラン

個人でチャットボットの作り方を勉強したり、商用利用の検証として利用するにはフリープランで十分です。

LINE公式アカウントの開設方法

LINE for Businessにアクセスする

LINE for BusinessのWEBページにアクセスしましょう。下記のリンクから移動できます。※新しいタブで開きます

参考 LINE公式アカウントLINE for Business
アカウントの開設をクリック

左上の「アカウントの開設(無料)」のボタンをクリックしましょう。

LINE公式アカウントを開設をクリック

LINE公式アカウント、広告アカウントの2種類を選択する画面に遷移します。今回は「LINE公式アカウント」を開設するので、左側のLINE公式アカウント開設(無料)のボタンを選択します。

未認証アカウントをクリックする

認証アカウント、または未認証アカウントを選択します。認証アカウントの作成にはLINE社の審査が必要になるので、今回はサクッと作れる未認証アカウントを選択します。

注意
このページに遷移した後、上の方に「認証アカウントを開設する」というボタンが見えます。誤ってクリックしてしまいそうですが、焦らず下までページ移動して「未認証アカウントを開設する」というボタンをクリックしてください。
必要な情報を入力する

LINE公式アカウントを作成するために必要な情報を入力していきましょう。入力が終わったら、確認ボタンをクリックします。

登録内容の確認

登録内容を最終確認して「完了する」をクリックします。

LINE公式アカウントの作成完了

入力内容の確認を終えるとLINE公式アカウントの作成が完了です。


ここまでで、LINE公式アカウントの作成が完了しました。次の記事では、LINE公式アカウントをボット運用するためのAPI「Messaging API」の利用方法について紹介していきます。

後続記事「Messaging APIの利用方法」については、10月下旬を予定しています。今すぐにチャットボットを作成したい!!という場合には、twitterやコメントで聞いてください。

ノンプログラミングで作るLINEチャットボットに関する記事は下記ページにまとめています。併せてご覧ください。

ノンプログラミングでLINEチャットボットを作る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA