新発想! 引っ掛けて使う BenQ ScreenBar e-Reading lamp レビュー

パソコン周りにデスクライトを設置したいけれど、毎日は使わないし、設置スペースを確保しなきゃならないし、液晶画面に光が写り込んでイライラするって経験をしたことないですか? 今回は、そんなイライラをモニターに引っ掛けて使うという方法で解消してくれるデスクライトを入手したので使用感をレビューします。

提供品について

今回レビューするBenQ BenQ ScreenBar e-Reading lampは、BenQさんからご提供いただいてレビューしています。

BenQ ScreenBar e-Reading lamp

ベンキュージャパン

設置スペースや映り込みから解放しれくれる噂のライト

注意
ScreenBarの類似品(偽物)もAmazonで販売されています。正規品(販売者がBenQ store)になっているものを購入してください。正規品より安いと思って飛びつくと品質面でストレスを高める結果になります。

今回の購入に至ったポイントは次の5点。設置スペース問題と反射問題がクリアできたことで満足なのですが、調光もできてさらに満足度を上げてくれる仕様になっています。

  • デスク上に設置スペースが不要
  • スクリーンへの反射がゼロ
  • 自動だけでなく、手動でも調光ができる
  • 色温度の調節ができる。
  • USBで給電できる

商品パッケージと付属品

艶消しっぽい加工がされた外箱で1万円ちょいの製品には見えないパッケージになっています。持ってみると少し重たいかな…という感じ。

中にはライト、脚、ケーブルが綺麗に収納されていました。本体以外には保証書とユーザー登録の用紙が入っているくらい。

保護フィルムが綺麗に張られているので、ペリペリと剥がしていきます。この製品の保護フィルムはベタベタ跡が残ることなく綺麗に剥がれます。

ライト部分はめっちゃ軽い。重さを測ってみると145グラムしかなかったです。

ライト部分に比べて脚はずっしりとした重さを感じました。見た目の割に重いです。重さは350グラム弱。ライト部分の2倍以上あります。この重さで液晶ディスプレイの上面にガッチリとクリフハングする仕様みたい。

としゆき

組み立て方はパッケージ裏面に書いてあるよ。

組み立て説明書らしきものが見当たらず、「壊したくないなぁ…」と思いながら雰囲気でカチャカチャと組み立てたのですが、パッケージの裏に組み立て方法が書いてありました。灯台下暗しな感じ。

WebCamとの相性もバッチリ

今までWebCamが鎮座していた位置に、組み立てたScreenBar e-Reading lampを設置。ライトの上にWebCamがちょこんと乗る感じでフィットしてくれました。スクリーンに照明が映り込む事もなく良い感じ。

※ BenQ ScreenBar e-Reading lampだけの照明で撮影

WebCamは中央だけでなく、横にスライドさせても安定して鎮座してくれます。

※ BenQ ScreenBar e-Reading lampだけの照明で撮影

証明の角度も若干なら動かすことができるので、どんなディスプレイにも合わせられそうです。

どれくらい手元が明るくなるか

深夜に部屋を真っ暗にして、液晶ディスプレイとBenQ ScreenBar e-Reading lampだけを点灯させて撮影。手元はかなり明るくなります。写真では白飛びしている箇所がありますが、実際はかなり見やすい感じになっています。開いている本は英語学習の書籍「Grammar in Use」です。

※ BenQ ScreenBar e-Reading lampだけの照明で撮影

写真では白飛びしている箇所がありますが、実際はかなり見やすい感じになっています。開いている本は英語学習の書籍「Grammar in Use」です。

Cambridge University Press

本気で英語を勉強したい中級者向けの学習書

ScreenBar e-Reading lampの明かりだけで十分にテキストを読むことができます。真っ暗な中に液晶ディスプレイの明かりだけを感じていた状況に比べると目の負担も軽減してくれそうです。

※ BenQ ScreenBar e-Reading lampだけの照明で撮影

このScreenBar e-Reading lampならディスプレイと一体化したデスクライトとして使えるので、ディスプレイをアーム化しても使えるし、けっこう役に立ってくれそう。あとはLEDの寿命がどれくらい持つのか…とう点が気になる。一般的な40,000時間くらい使えれば大満足かなと思います。

レガシーなデスクライトを検討している人は、ちょっと販売サイトを覗いて検討してみて欲しいです。こいつ、結構良いですよ。

ベンキュージャパン

設置スペースや映り込みから解放しれくれる噂のライト

2022年1月の作業環境でも継続利用中

2020年10月にBenQさんのScreenBarを導入してから1年以上が経ちましたが、大きな不満なく利用できています。強いて不満を挙げるなら明るさや色温度の調整が本体でしかできないこと。ケチらずに手元コントロール付きの上位機種を購入すれば良かったと少し反省。これから購入される方には手元コントローラ付きのモデル購入をオススメしたい。

2022年1月の作業環境

以前、作業環境を変更した際にScreenBarの挙動がおかしくなったことがありました。説明書とか保証書を捨てた後で、どこに聞けば良いのかも分からなかったためBenQさんのtwitterアカウントに質問してみたら丁寧に解決策を提示してもらうことができました。サポート面でも良い意味でヤバくて、リピートするしかないと思いました。

https://twitter.com/BenQlighting_jp/status/1392282576795037697

Amazonなどで検索すると類似品を販売しているメーカーも増えているみたいですが、1年以上使ってきて故障や劣化なく動いてくれていること、サポートではない部門に関わらずユーザーの質問に応えてくれる体制など安心して購入できる要素は多いと感じています。少しケチってストレスを感じるよりもScreenBarのようなデスクライトを購入するならBenQ製品をオススメしたい。その上で予算に余裕があれば手元にコントローラが置けるタイプを選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA