Amazonタイムセール開催中!

Visual Studio Codeを日本語化する設定方法

Visual Studio Code をインストールするとデフォルト言語であるUS(英語)だけが利用できる状態です。メニューやメッセージは全て英語。英語でも問題ないという方もいると思いますが、日本語のほうが何かと楽だと思いませんか?今回は、Visual Studio Codeを日本語化する設定方法についてシェアします。

VSCodeの日本語設定手順

Command Paletteを開く

Visual Studio Codeを起動して、メニューバーから View → Command Palette の順にクリックします。

Visual Studio Codeを日本語化する設定方法
Configure Display Language(表示言語の設定)を選択

表示される一覧から Configure Display Language を選択します。表示数が多いので、検索ボックスに Conf と入力すると探しやすいです。

Visual Studio Codeを日本語化する設定方法
Install additional languages(言語追加)を選択

Visual Studio Code の標準言語である英語(US)しか選択できない状態なので、Install additional languagesをクリックして言語追加メニューを表示させます。

Visual Studio Codeを日本語化する設定方法
日本語の言語パックをインストールする

利用可能な言語パックが表示されるので日本語(Japanese Language Pack for Visual Studio Code)の Install ボタンをクリックします。

Visual Studio Codeを日本語化する設定方法
VSCodeを再起動する

インストール後に右下に再起動を促すメッセージが表示されます。Restart ボタンをクリックして Visual Studio Code を再起動します。

Visual Studio Codeを日本語化する設定方法
日本語化の確認

再起動後に日本語化されたメニューなどが表示されていれば設定完了です。

Visual Studio Codeを日本語化する設定方法
参考
他の言語を利用するには

英語(US)に戻したい場合には、Configure Display Language のメニューから en を選択すれば英語に戻せます。日本語でも英語でもない言語を利用したい場合には、Install additional languages を選択して利用したい言語を追加しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA