Amazonタイムセール開催中!

Windows 10 May 2019 Update (1903)の新機能

2019年5月に正式リリースされたWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)で変更された項目、追加機能(新機能)をご紹介します。

見た目(UI)の変化

スタートメニュー

スタートメニューがシンプルになりました。電源アイコンが変更されるなど、細かなUIが修正されています。

ライトテーマ

Windows10に白色を基調とした新テーマ(ライトテーマ)が追加されます。個人用設定の「色」から変更が可能です。変更方法は下記関連記事を参照してください。

Windows 10で「ダークモード」にする方法
MEMO
従来も白系のテーマはありましたが、このライトテーマは有効にすると従来よりも多くの部分(タスクバー、スタートメニューなど)が白くなります。

Appleはダークテーマを強化していますが、マイクロソフトは白系にも着目してるんですね。

アクションセンター

画面の明るさを調整するスライダーが用意されました。明るさの設定を変更する際に、設定アプリを開く必要はなくなりました。

ファイルエクスプローラー

ファイルの更新日時をOS、アプリ、WEB間で一致させるフレンドリーデータと呼ばれる機能が搭載されました。

機能追加

検索、デジタルアシスタントの強化

タスクバーにある検索バーや、デジタルアシスタント(Cortana)が改良されました。カテゴリーを絞り込んで検索する機能など検索機能が強化されたことで、探したいファイルをより早く見つけることができるでしょう。また、デジタルアシスタントと対話して調べることも可能です。

ストレージ予約

将来的なWindows Update領域やキャッシュ領域として、7GBのディスク容量を確保(予約)する機能が追加されました。いざ、バージョンアップしようとした際に、ディスク容量が足りないという事態を回避できます。アップデート時以外はキャッシュ領域として利用されるようです。

Windows Sandbox

開発者やIT管理者向けには注目の機能です。サンドボックス、つまり砂箱です。Windows10条に検証向けの仮想環境を立ち上げることができます。この機能を利用すると怪しいソフトや動作確認を行う際に、Windows10の仮想環境を用いていろいろと悪い動作をしないか検証することができます。

MEMO
サンドボックスを閉じるとソフトウェアとファイルは完全に削除されます。利用している環境に影響を与えず、いろいろと弄り倒せる。遊び終わったら平に戻せる砂場のような機能です。

Windows Update

今まで即時Updateが必要だったWindows10 Homeエディションを利用しているユーザーも最大7日間のアップデート保留が出来る機能が導入されました。アップデートの配信後、7日間であれば好きなタイミングでアップデートすることができます。

タスクマネージャー

タスクマネージャー起動時にデフォルトで開くタブ(プロセス、パフォーマンス、スタートアップ、ユーザー、詳細、サービスのいずれか)を決められるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA