Amazonタイムセール開催中!

癒される無料アプリ「ペンギンの島」をプレイして感じた4つの特徴

癒されるアプリとして話題のiOS/Android用アプリ「ペンギンの島」。2019年8月末にリリースされたアプリケーションで、リリース当初は知名度は低く、話題にもならなかったのですが、ジワジワと火がついてGoogle Palyストアの無料アプリランキングで11位にランクインしています。遊んでみたら、意外と面白かったので、このアプリの特徴と癒しどころをシェアします。

ペンギンの島を拡張することが目的

このゲームには他のユーザーと競ったり、NPCと戦ったりといった機能はありません。ただひたすらにペンギンの島を拡張し続けるというゲームです。島を拡張するために必要なことを消化しつつ、ペンギンの暮らしを観察しるというゲームです。他プレイヤーとの争いに疲れた人、 ペンギンワールドに癒されたい方には超おすすめです。

ペンギンの島を拡張するためにできること

島を拡張していくためにプレイヤーができることがいくつかあります。これらを消化することで島の拡張を進めていく事ができます。

  • ペンギンの数を増やす
  • ペンギンの生息地を増やし、レベルアップさせる
  • ペンギンの生息地を新化させる

ペンギンの数を増やしたり、生息地をレベルアップするためにはゴールドが必要です。ゴールドは生息地が自動的に産出してくれるので、生息地のレベルアップをして産出されるゴールドを増やすというのが基本プレイです。

ペンギン以外にもアザラシやシロクマなどの「生命体」と呼ばれるキャラクターも島には住み着きます。この生命体は生息地の性能をアップさせたり、ボーナスボックスの中身をグレードアップしてくれるという効果を持っています。

島で働くペンギンの紹介

ペンギンの島には生息地で黙々と働くペンギン、島内を歩き回るペンギン、遊園地で遊ぶペンギンなど多種多様なペンギンが生息しています。

アデリーペンギン

いちばん最初からいるペンギンです。スタート直後は、このアデリーペンギンを増やしながら「採石場」と呼ばれる生産地の建設を目指します。

ジェンツーペンギン

ペンギンの島に登場するペンギンの中で最も目が大きいペンギンです。

マカロニペンギン

目の上に生えたオレンジ色の羽がとても特徴的なペンギン。この「マカロニ」という名前は、日本でいうところの「伊達男」という意味だそうです。この名前が付けられた18世紀のイギリスの言葉では「伊達男」のことを「マカロニ」と呼んでいたそうです。

プレイヤー同士で争ったり、競ったりするゲームに疲れた人、動物やペンギンが好きな人は楽しくプレイできます。

ペンギンの島にある4つの特徴

  • まったり遊ぶに最適なゲーム設計
  • 放置時間もゴールドやハートポイントが溜まる
  • 最後まで無料で遊べる
  • キャラクターやBGMに癒し系要素たっぷり

この4つの特徴について触れていきます。

まったり遊ぶに最適なゲーム設計

ペンギンの島には他のプレイヤーやNPCとのバトルは存在しません。もちろんランキング要素もゼロ。そこには、プレイヤーとペンギンの島があるだけ。自分の育てるペンギンの島を自分のペースで育てていくことができます。

生産地のレベルアップや、ペンギンの卵を孵化させるために必要なゴールドは、生産地が自動で産出してくれます。島の拡張を急がず、ペンギンや動物たちの動きを観察したり、写真撮影機能で奇跡の1枚を狙ってみたりと、島を拡張する以外の遊び方も可能です。

放置時間もゴールドやハートポイントが溜まる

ゲームを遊んでいる時間はもちろん、ゲームを遊んでいない時間にもゴールドや生産地の拡張に必要なハートポイントが溜まっていきます。オフラインで蓄積できる量は、ゲームの進行具合にもよりますが僕は210分ほどオフライン状態でゴールドを蓄積できるところまでプレイしています。

このオフラインでポイントを貯める機能の面白い点があって、オフライン中に貯めたゴールドやハートポイントをそのまま受け取るか、2倍にして受け取るかという選択ができるんです。2倍にして受け取る条件はダイヤという課金アイテムを使うか、30秒の広告を見るかの2択です。

仕事や授業中などに、しっかりとオフラインでゴールドを貯めて2倍にして受け取るという方法でゴールドを一気に手に入れて島を成長させることができます。ずっとゲームに張り付いてプレイする必要がない点も、自分のペースでプレイできることに繋がっています。隙間時間のプレイで進められるのも嬉しいです。

最後まで無料で遊べる

このペンギンの島にも課金アイテムは存在します。ゴールドやハートポイントの獲得を早めたり、大量のゴールドを手に入れるための課金アイテムです。ただ、他の人とスピードを争うゲームではなく、バトルする要素もないので、急いでゴールドを手に入れる必要なんてありません。つまり、課金アイテムを購入する意味がないんです。

また、宝箱(いわゆるガチャ)が2種類あって、無料で開封できるものと、課金アイテムのダイヤを使って開封するものがあります。ダイヤはゲームを進めていく中で報酬として入手することができますし、30秒の広告を見ると30ダイヤが払い出されます。

ペンギンの島の収益モデル
このペンギンの島は、ユーザーからの課金で運営するのではなく、ゲーム内に表示される広告から得る収入によって運営されているように感じます。そのためゲームを楽しむためにユーザーが課金をしなくてはいけない場合は皆無です。

キャラクターやBGMに癒し系要素たっぷり

ペンギンの島の最大のアピールポイントがこれ。超癒し系のキャラクターが島内を歩き回ります。見ているだけで癒されるのはもちろん、BGMも癒し系でまったりとした時間を過ごせます。

無料でプレイできて、張り付きプレイも不要。対人プレイもないので自分のペースで楽しめて、癒されるという点から忙しい人におオススメしたいゲームです。疲れたときに、ちょっとゲームを起動してペンギンと遊んで癒されるというプレイスタイルもオススメ。通勤や通学のちょっとした時間に遊んで、ペンギンの島を成長させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA