Amazonタイムセール開催中!

同期に差が出る。印象に残るワンランク上のあいさつ

あいさつの印象を良くするちょっとした小技があります。これを意識して実践するだけで、普段のあいさつの印象がグッと良くなります。今日から実践できるあいさつのポイントを5つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

グッとあいさつが良くなる5つのポイント

目上の人、会社の上司に対して

話しながらお辞儀をするのはNGです。言葉を全部述べてから頭をさげるのがベスト。何か作業をしているときは、必ず手を止めてからあいさつをしましょう。道ですれ違ったtきは、きちんと立ち止まってあいさつすると好印象です。但し、緊張のあまりペコペコと頭を下げすぎないこと。また、頭だけ上下させたり、あごを突き出すようなおじぎは非常に見苦しいので控えましょう。

場が和むあいさつを

あいさつに一言をプラスすると印象がグッと良くなります。例えば「おはよう」だけでなく、「おはよう、今日は冷えるね」など、少しトッピングを添えると場の雰囲気がリラックスする効果もあります。また、「山田くん、おはよう」などのように、相手の名前を添えると親近感が増す効果もあります。

名刺とキャッチフレーズをセットで

営業などで名前を覚えてほしいときは、あいさつに添えるキャッチフレーズを用意しておくとGoodです。例えば、「朝の田んぼで、アサダです。「昼でも夜でもアサダです。」など名前に絡めたフレーズがあれば覚えてもらいやすいでしょう。

イエスにエッセンスをプラス

イエスにエッセンスをプラスすることで好意を示すことができます。例えば、隣の席が空いたカフェで、女性に「ここいいですか?」と尋ねられたら、「はい」と返すか、「はい、どうぞ」と返すか、どちらにしますか。「どうぞ」を付け加えた方が相手に与える印象が良くなると思いませんか。

良き社会人として

誰にも明るく公平に接することは大切です。出入り業者にも、来訪者にも分け隔たりなく、笑顔であいさつができる人は会社のイメージアップに貢献しているといえるでしょう。

あいさつの大切さを振り返る際にお勧めの書籍

後輩の育成という点において、これまでの時代で活用できていたことと、これからの時代に通用しなくなっていること、それらの理解把握が難しいのではないでしょうか?

その点、この本は時代の流れに左右されない、実践論として書かれています。それが”大人のしつけ”という言葉に現れています。表紙を飾る文言だけでも興味が湧いていましたが、”大人のしつけ”とは、じつは部下に対するものだけでなく、上司にあたる自分自身にも当てはまることなんだという事を再認識させられる一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA