寝る時の電気、点けっぱなしが引き起こす大きなリスク

Diary

寝る時の電気、点けっぱなしが引き起こす大きなリスク

疲れてて気が付けば電気をつけたまま眠ってしったなんて経験ありませんか?照明をつけっぱなしで眠ってしまうと、思わぬ病気のリスクが高まることが発表されました。奈良県立医科大学の発表内容を参考に、電気をつけて眠ることが引き起こす病気リスクをご紹介します。

電気を付けたまま寝ると肥満になる

明るい部屋と暗い部屋で眠っている女性の肥満について、オックスフォード大学が調査したところ、暗い部屋で寝ている人よりも明るい部屋で寝ている女性のほうが、より高いBMI値を示してウエストのサイズも大きくなっていたことが判明しました。奈良県立医科大学の研究でも、夜間の豆電球使用によって、肥満のリスクが高まる点が指摘されています。美ボディキープのためには、ちゃんと消灯することが大切ですね。

うつ病のリスク拡大も

夜間に人工照明を浴びてしまうと、人間は生体リズムに変調をきたしてしまうという研究結果が奈良県立医科大学の大林賢史特任助教により発表されています。2013年に海外で発表された学術記事でも、うつ病にかかっている人の寝室は、人工照明が明るい傾向あることが明らかに。体内時計が狂ってしまうことで、うつ病になる可能性があるようです。健康的な生活を保つためにも、眠るときにはキッチリ消灯したほうが安心ですね。

まさか!乳がんのリスクも拡大

ショッピングセンターや自宅、道路照明などの人工的な照明が多いエリアで暮らす女性は、乳がんのリスクが高まるとの研究結果も発表されています。反対に、ベッドルームを暗闇にすることで、女性は乳がんリスクを抑える働きがあるそう。ちゃんと消灯しないリスクはガンまで発生させてしまうのには驚きです。

夜は本来、眠る時間であり暗いのが自然なはず。体内時計や生体リズムを狂わせることのないよう、就寝時の灯りには気をつけたほうが良さそうですね。

関連記事

  1. Diary

    アッという間にキレイになる重層の活用方法

    排水口は、アっと言う間に臭いはじめます。台所や、お風呂場、トイレなどに…

  2. 2018年に向けて、淀川花火大会2017の場所取りを振り返る!

    Diary

    2018年に向けて、淀川花火大会2017の場所取りを振り返る!

    花火だけ見れればいい。屋台も楽しみたい。出来るだけ近くで見たい。など、…

  3. Diary

    辛い思いをする前に!風邪が流行る原因と5つの予防策

    秋から冬にかけてが1年の中で最も風邪をひきいやすいシーズンといわれてい…

  4. Diary

    僕がAmazonからヨドバシに乗り換えた4つの理由

    かれこれ10年以上、トイレットペーパーからPC、家電までAmazonを…

  5. Diary

    ビール好きに朗報?ビールが脳を向上させるかも

    ビールの原料であるホップに、脳の機能を向上させる物質が含まれていること…

  6. Diary

    平成生まれから見た“昭和生まれを感じる言動”の調査結果から感じたこと

    ソニー生命保険株式会社のウェブサイトで、平成生まれ・昭和生まれの生活意…

最近の記事

  1. どっちを選べばいいの!?「x86」と「x64」の違いってなに?
  1. Computer

    Logicool HD WEBCAM C270とC310の違い
  2. ランサムウェアだけじゃない、ニャンサムウェアの脅威!

    Computer

    ランサムウェアだけじゃない、ニャンサムウェアの脅威!
  3. Diary

    意外と知らないヘルシーフード。ダイエット中こそポップコーンを!
  4. Money

    食材を無駄にしない冷蔵庫整理術
  5. Apple

    MacBook Proのトラックパッドが反応しない場合の対処法
PAGE TOP