Amazonタイムセール開催中!

MakeCode Editorを日本語で表示する方法

micro:bitのプログラミングツールとしてマイクロソフト社が提供しているMakeCodeエディター。ビジュアル表示されるブロックでのプログラミング(scratch)、JavaScriptを使ったプログラミングが出来るツールですが、デフォルト設定は英語表示になっています。この使って MakeCodeエディターを日本語表示する方法をシェアします。

日本語表示手順

MakeCode Editorにアクセス

MakeCode EditorのURLにアクセスします。

MakeCode Editorのサイト表示を確認

MakeCode Editor(Microsoftのmicro:bit学習サイト)が表示されている事を確認します。

言語選択メニューを表示

ウェブサイト最下段にあるlanguageをクリックして言語選択メニューを表示します。

日本語を選択

Select Languageで日本語を選択し、右上の×ボタンで閉じる

表示言語が日本語になっている事を確認

MakeCode Editor(Microsoftのmicro:bit学習サイト)が日本語で表示されている事を確認します。

MakeCodeエディタを起動後なら

作業中にMakeCodeエディタが他言語で表示された場合は、右上の歯車マークから「言語を変える」を選択することで変更が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA