Amazonタイムセール開催中!

SC-900 Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentalsに合格するための勉強法

Microsoft Azureのセキュリティ関連のサービスの特徴を問われる認定資格がSC-900 Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentalsです。以前消化したAZ-900やAI-900と同じく僕がSC-900に合格するために取り組んだ勉強法をシェアします。

方針:公式の学習教材を活用しつつ最小コストで合格する

Azure資格は公式のオンデマンド教材やセミナーが充実しているので、有料の書籍などを購入せずとも学習することができます。今回も公式の学習教材を利用して合格するという方針で学習を進めました。そちらの方が活きた情報として理解できるので、結果として中級資格に臨む際のハードルが低くなります。

おすすめする学習ステップ

Step.1
公式学習教材「Microsoft Learn」で復習

残念ながら他の Fundamentals級の資格のように Microsoft Azure Virtual Training Days というバウチャーチケット付きの無料セミナーは開催されていない模様。セミナーはないけれど、他のAzure資格と同じように公式教材である「Microsoft Learn」が用意されています。SC-900試験の日本語対応に伴い、SC-900に対応するMicrosoft Learnも日本語化されているので、これを利用しましょう。逆に試験範囲がキッチリ整理された他の教材はないです。

参考 SC-900 パート 1: セキュリティ、コンプライアンス、ID の概念について説明しますMS Learn 参考 SC-900 パート 2: Microsoft Identity およびアクセス管理ソリューションの機能について説明しますMS Learn 参考 SC-900 パート 3: Microsoft セキュリティ ソリューションの機能について説明しますMS Learn 参考 SC-900 パート 4: Microsoft コンプライアンス ソリューションの機能について説明するMS Learn

すべての項目を学習するにはそれなりの時間が必要です。試験対策に要点だけ押さえておきたい場合は、各ラーニングパート内のモジュール単位で「知識チェック」が用意されているので、知識チェックの問題だけ抜き出して理解しておくと点数の底上げになります。

本番の試験と出題形式は異なるけど、問われる知識レベルとしては似ているので知識チェックの項目はしっかり理解しておいた方が良さげ。
Step.2
受験当日

当日は予約した際のメールに書かれている通り、本人確認書類2点を忘れずに試験会場に向かってください。本人確認書類を忘れて受験できないと大損してしまいます。試験時間は80分ですが20分あれば余裕で終えることができます。

時間を使えば正解できる問題は出題されないので、知ってるか知らないかだけで即答していける問題しか出ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA