Amazonタイムセール開催中!

貯金をするための心得3ヶ条:一人暮らし編

一人暮らしの場合、あらゆる支出を自分の収入で遣り繰りする必要があります。もちろん収入も年齢や職業によって千差万別です。

手取りが20万円以下の人もいれば100万円以上の人もいます。貯金に収入は一切関係ありません。毎月貯金する金額が違うだけで抑えておくべきことは同じです。

特に収入が多くても貯金ができない人は、原因が何なのか「自分が貯金できない理由」を見つけ、改善する必要があります。

貯金できない人の特徴

毎月入ってくる収入をストックすることが貯金の基本です。一人暮らしであろうがなかろうが関係ない、貯金をする共通の方法と言えます。実家で親と暮らしていたり、結婚して夫婦での生活に比べ、一人暮らしの場合は生活費もすべて自分の収入の中でやりくりする必要があります。

収入が低い人の中には「生活費を支払うのがやっとで貯金に回すお金がない」という人もいるでしょう。食費や光熱費などいろいろ節約をしていても、お金が1円も残らない生活を強いられている人も少なくないと思います。ある程度収入があるにもかかわらず、貯金ができない人も多いのが現実です。年収が1000万円ありながら貯金が全くない人も珍しくありません。

生活するのにギリギリな収入でないにもかかわらず、貯金が全くできないのか?その理由は貯金に対する“貯金に対する3つの間違った考え方”を持っているからです。

貯金の額を決めておかない。

貯金ができない人でいちばん多いのがこのパターンです。残った額を貯金をしようとする。実際にこの発想で貯金を貯めている人がいないわけではありません。この方法で貯金ができる人は、支出を計画的に使える人で、そうでない人が同じように貯金を貯めようと思ってもまったくお金が残りません。その理由は無計画にお金を使うことによって支出がどんどん増えていき、気が付いたらお金が1円も残っていないからです。

貯金をするには計画的にお金を使う必要があります。しかし計画を立ててもその通り実践しなくては結果的にお金が貯まっていかないでしょう。貯金を貯めるには『収入-支出=貯金』ではなく『収入-貯金=支出(生活費)』という考え方でお金を使うのがベスト。つまり、収入からあらかじめ貯金に回すお金を引き、残ったお金でその月の生活をやりくりしていくスタイルが、もっともストレスをかけずに貯金ができる方法です。

主婦と同じ貯金術を実践している。

貯金を貯める方法と言っても細かく分ければ色々な方法があります。「食費を節約するために毎日自炊する」というのは支出を抑えて貯金を作る典型的なものと言えるでしょう。こうした1つ1つの方法は家庭環境によって、できるものとできないものがあります。

例えば食費の節約でも、主婦の人であれば外食をゼロにして自炊によって食費を抑えることができるでしょう。ですが、一人暮らしで仕事をしている場合、毎日帰ってから自分の食事を自炊で用意するのが大変と感じる人も少なくありません。一人暮らしの人と夫婦で暮らしている人とでは生活環境が異なりますし、お金をかけるべきところや節約すべきことは違います。ですから「主婦でもできる~」みたいな節約術や貯金術を一人暮らしの人が実践しても同じような効果が得られるとは限らないのです。

主婦の人は“主婦”という立場でできる貯金術が、一人暮らしの人は“一人暮らし”という立場だからこそできる貯金の方法があります。こうした家庭環境や生活スタイルに合った貯金法を実践しないといつまで経ってもお金は貯まっていきません。貯金術や節約術が決して画一的なものではないことを認識しておきましょう。

毎月貯金額が異なる

貯金ができる人達は毎月一定の金額を貯金として回しています。収入が入ってきたらまず貯金に回すお金を先に分けておき、残ったお金で生活のやりくりをしているからです。それに対して貯金ができない人は月によって貯金に回す金額が異なります。先月は4万円貯金したけど今月は5000円しかできなかったという結果になります。

貯金をしていると、どうしてもその月の支出に貯金額が左右されます。それは、自身の“お金の使い道”次第で貯金に回す金額が変わってくるということ。特に一人暮らしの場合は、生活にかかわるすべての支出を自分の収入で賄わなければいけません。そのため、ちょっとした無駄遣いや衝動買いをするだけでどんどんと貯金に回す金額が少なくなっていき、最終的には貯金に回せるお金が“ゼロ”になってしまうのです。

人はお金を持つとついつい使いたくなってしまう傾向にあります。貯金や節約とはこうした人間の欲との戦いであり、よほど強い意志を持たないと打ち勝つことはできないでしょう。貯金できない人とは、こうした自分が持っている欲を甘く見て、中途半端な気持ちで挑んだ結果、見事にやられてしまった人達のことを言うのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA