Amazonタイムセール開催中!

リンゴの食べ頃が「皮がベタベタした時」という理由と洗浄方法

リンゴを食べようとしたら、皮がベタベタしていた…って経験はありませんか? 先日、ふるさと納税の返礼品として到着したリンゴを食べようとしたところ、表面がベタベタしているものがあったので調べてみました。今回は、リンゴの皮がベタベタしている理由についてシェアします。

ベタベタしているのは、食べごろの証

結論から言うと、表面がベタベタしている方が美味しく食べることができるそうです。リンゴの皮を触ったときに感じるベタベタとした物体。この正体は、リンゴの持つ天然の蝋(ろう)成分が溶け出したもの。リンゴの天然成分なので食べても害はないんです。

ふるさと納税の返礼品で貰ったりんご
ふるさと納税の返礼品で貰ったリンゴ

蝋成分は常温では固形で表面をサラサラにコーティングする機能を持っているのですが、リンゴが持つ別の成分(オレイン酸やリノール酸)によって蝋を溶かしてベタベタという状態になるんです。このベタベタした状態のことをリンゴ業界では「油あがり」と呼ぶそうです。

実は、この「油あがり」の状態がリンゴを食べるベストコンディション。ベタベタさせる原因になっているオレイン酸やリノール酸はリンゴが成熟するにつれて増えていきます。つまり、リンゴが成熟するにつれてベタベタ感が増していくんです。サラサラのリンゴよりもベタベタしているリンゴの方が成熟して美味しいんです。

リンゴが蝋(ワックス)を纏う理由

なぜリンゴは蝋(ワックス)を自らの体に纏うのか。それは「乾燥」や「害虫」、「空気に触れる事による酸化」から自分自身を守るため。虫食いを防ぐだけではなく、水分が抜けてスカスカになったり、空気に触れる事による劣化を防ぐための仕組みなんです。

https://yukishi.com/wp-content/uploads/2020/03/IMG_20200312_202724-scaled.jpg
マイク

この仕組みのおかげで、水分たっぷりのジューシーなリンゴを食べる事が出来るんです。

国産以外のリンゴには人工ワックスが利用されている事も

国産リンゴに艶があったり、ベタベタとする理由はリンゴ内部から生じた天然の蝋(ろう)成分によるものです。但し、輸入物のリンゴには艶を出す目的で意図的にワックスを塗布しているものがあります。

蝋(ワックス)と取り除く方法

リンゴ由来の天然ワックスは取り除かなくても食べる事ができます。でも、天然ワックスか人工的なワックスなんて見た目で判断ができないし、天然ワックスだとしても洗い流したいという人もいるはず。

人工ワックスも安全
輸入リンゴに使われている人工ワックスですが、多くの人口ワックスは天然多糖類、タンパク質、動物性油脂などが主原料。人工的なワックスですが、人間が食べても害がない成分で構成されています。
https://yukishi.com/wp-content/uploads/2019/10/face-005.png

津軽りんご、ジョナゴールドには「油あがり」が強く、ふじ、王林は控えめなものが多いですよ。

ワックスの落とし方:流水で洗う

ワックスの落とし方の基本は水洗いです。水洗いすることで、リンゴ表面に残っているかもしれない水溶性の残留農薬を落とすこともできます。(リンゴは収穫数週間前から農薬散布をしないらしく、出荷時にはほぼ残留農薬はないそうです。)

重曹で洗う

流水洗浄だけでワックスを落とし切れない場合の方が多いと思います。しっかりとワックスを落としたいという場合には「重曹」を使いましょう。

重曹を使う際は次の要領で行います。

  1. ボウルに水と重曹を入れて重曹水を作る。
  2. 重曹水にリンゴを1分ほど漬ける。
  3. リンゴの表面をスポンジで優しく擦る。

重曹水に長く漬けておいても結果に大きな差はないです。長くても2分程度にしましょう。

野菜・果物用洗剤で洗う

洗剤で野菜を洗うという事に対して抵抗感を持つ方もいると思います。使うのは食器用洗剤ではなく「野菜・果物用」の洗剤。

食品を洗浄することを前提に作られた洗剤で口に入れても害のない天然成分が使われています。オススメの野菜・果物用洗剤を紹介します。

シェルディ(パウダータイプ)

天然の貝殻のみを原料にしている野菜用洗剤。使用しており化学成分・薬品は一切使用していない野菜用洗剤を選ぶ際の条件を満たしています。洗浄力は十分なのですが、重曹と同じくパウダータイプというのが難点。利用する際にはボウルなどで水溶液を作って漬ける必要があります。

シェルデイ 野菜洗剤
shellday

ベジセーフ(スプレータイプ)

洗浄力とお手軽を兼ね備えたのが、このベジセーフ。スプレー式なのでシュシュっと吹きかけて、少し時間をおいて洗うだけでOKなんです。ただ、シェルディもベジセーフも同じくらいの価格ですが、使用回数という点ではパウダータイプのシェルディに負けるのが難点。

お手軽に洗浄したいならスプレータイプのベジセーフ。水溶液でしっかり漬け置き洗いしたいならシェルディがオススメ。水溶液を作っていろんな野菜を一気に洗えるという点では、たくさんの野菜を洗浄する家庭は断然シェルディがオススメです。

リンゴがベタベタとするのは食べ頃のサイン。ベタベタのワックス成分は食べても害はないけれど、どうしても取り除きたい場合には野菜用洗剤ってことを覚えておけばリンゴを食べる際の豆知識に使えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA