Amazonタイムセール開催中!

仕事がスムーズに進む、モノの言い方(依頼編)

ビジネスシーンで相手に何かを伝えるとき、「モノの言い方」で成否が決まることがあります。言葉の持つニュアンスの違いで、相手に与える印象が変わるからです。「モノの言い方」のストックは多ければ多いほど、状況に最適な選択ができるようになります。少しずつ、確実に増やしていきましょう。

人に依頼をする場合のフレーズ5選

無理を承知でお願いに上がりました。

文字通り、相手にとって「無理なお願い」であることを承知のうえで使う依頼の言葉です。「無理を言いますが、特別な計らいをしてほしい」という意味なので、使えるのは信頼関係がある相手だけです。決して、初対面では使わないようにしましょう。

身勝手なお願いとは承知しておりますが

ここで言う「身勝手」とは、言い換えれば「わがまま」のこと。ビジネスでわがままは許されないことですが、あえてこう言うことで、へりくだってお願いしている気持ちを表現することができます。

切にお願い申し上げます

何としても相手に依頼を聞いてもらいたいという時に使うフレーズです。「切に」は書き言葉で利用することはありますが、普段の会話で利用されることはまずありません。切羽詰まった状況を相手に伝えるのが狙いのフレーズです。

どうか、この点だけはご理解いただきたく

どうしても分かってほしい事情を相手に訴えるときに使うフレーズです。「この点だけは」と限定することで相手が承諾しやすくなる心理効果を狙って使います。

実績のある御社に、ぜひともお願いしていのですが

「実績がある」と言われれば、相手は悪い気はしません。いったん相手を持ち上げることで、多少無理な依頼であっても、相手も嫌とは言い難くなる心理効果を利用したフレーズです。

「お願いします」というニュアンスの表現にも様々な伝え方がありますね。

今回は主な依頼表現を紹介しました。もちろん今回のフレーズ以外にも沢山の表現があります。今回の基本フレーズを使いながら、さらにボキャブラリーを増やしていくことで、どんなビジネスシーンにも臨機応変に対応できるビジネスパーソンとして成長を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA