Amazonタイムセール開催中!

面白いのに知られていない“検索した動物をAR表示”できるGoogleの機能

Google I/O 2019でGoogleが発表した機能が2019年6月にリリースされています。今回は「Googleで検索した動物をAR表示する機能」をシェアします。見た目だけじゃなく、しぐさや鳴き声まで再現されているオモシロ機能。ぜひ試してほしいです。

参考 First AR objects launch in Google Search with 3D animals9to5Google

AR表示させた動物

Googleで検索した動物をAR表示させる機能で自宅を動物園にしてみました。残念ながら同時に呼び出せるのは1体のみ。

Googleで検索した動物をAR表示する機能でキッチンにライオンを召喚

キッチンのテーブルにライオンが登場。サイズはピンチイン、ピンチアウトで変更できます。手乗りサイズのライオンなんかも作れちゃいます。

Googleで検索した動物をAR表示する機能でフローリングにハリネズミを召喚

次はハリネズミを床に召喚してみました。

Googleで検索した動物をAR表示する機能で自宅でジョーズショー

陸上生物だけかと思いましたが、サメも召喚できました。

面白そうじゃん!と思った方向けに、ARアニマルを召喚する方法を続いてご紹介していきます。

ARアニマルを召喚できる機種

モバイル端末向けのARコンテンツプラットフォーム「ARCore」に対応しているデバイスでこの機能が利用できます。iPhoneならiPhone SE、iPhone6S、6S Plus移行に発売された機種が対応しています。

Android端末は対応にバラつきがあります。激安スマホに分類されるような端末は対応していないケースが多く、中級クラス以上なら使える可能性が高いです。

ARcoreの技術情報
ARcoreについて技術的に詳しく知りたい場合には、公式サイト(https://developers.google.com/ar/)をご確認ください。

持っている端末でARアニマルを召喚できるか確認

持っているAndroidデバイスがARアニマルを召喚するためのARcoreに対応しているかの確認方法をシェアします。

ARアニマルを召喚できるか確認する手順

ブラウザを起動してGoogleにアクセス

Chromeなどのウェブブラウザを起動して、Googleのトップページにアクセスします。

googleで検索
キーワード「猫」で検索

検索ウィンドウに「猫」と入力して検索します。

キーワードの猫を検索ウィンドウに入力
検索結果でAR猫を確認

検索結果の一覧に下記画像の表示が含まれるかを確認します。

検索結果にAR表示のメニューがあることを確認
対応機種の判断

AR猫が表示されている端末はARcoreに対応しています。逆に表示されていない場合はARcoreに対応していません。3D表示のボタンを押すとAR猫を呼び出せます。

huawei端末の対応状況
我が家にある端末を調査したところ、iPhone8、huawei P20は対応していました。が、huawei nova lite 3は対応していませんでした。huawei端末の場合、Liteの表記がある機種はARcoreに対応していないそうです。P20、P30とも無印かProのみ対応とのこと。

AR表示できる動物

どんな動物がAR表示できるのかいくつか検索してみました。他にもたくさんの動物が登録されているはずなので探してみてください。

検索例としても紹介した猫。にゃーにゃーと鳴きます。

Googleで検索した動物をAR表示する機能で呼び出した猫

ライオン

グルルル…ガォー!の低音が良い感じで再現されています。

Googleで検索した動物をAR表示する機能で呼び出したライオン

ハリネズミ

ARの良いところは360度で観察できるところ。ハリネズミの腹部ってこんな感じなんだと知りました。

Googleで検索した動物をAR表示する機能で呼び出したハリネズミ

トラ

トラが召喚できました。でも僕が中学生の頃に流行していた虎舞竜は召喚できませんでした。

Googleで検索した動物をAR表示する機能で呼び出したトラ

サメ

サメは召喚できるけれど、マグロ、イカ、サンマ、ハマチは召喚できませんでした。

Googleで検索した動物をAR表示する機能で呼び出したサメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA